お墓を建てる

お墓を建てる	お墓を建てる費用

お墓を建てる費用について

お墓を建てる際の費用として基本的に考えられるものは、「土地代」と「墓石代(ぼせきだい)」です。
「土地代」は、お墓を建てる場所を永代(えいたい)に渡って使用する権利を取得する為の費用で「永代使用料」や「墓地使用料」といいます。
この土地代はお求めになる墓地の地域・大きさにより価格が異なります。

「墓石代」としてかかる費用は、墓地を囲む外柵(がいさく)と石碑が主ですが、それに付属する花立てや香炉、故人の戒名等を彫刻する墓誌等も考えられます。「墓石」はお墓を建てる方の「想い」を形として表現し、その家の財産として後世に残す事が出来る大切なものです。一生に一度きりの事ですから、石の種類・墓石の形・加工方法等を十分にご検討される事をおすすめします。

お墓の平均購入金額(相場)について

お墓を総額(土地代+墓石工事費一式)で購入する場合、東日本では平均で約150万円~300万円ほどの予算です。 150万円の差があるのは、墓石自体の値段もあるのですが、お求めになる場所(都道府県・市区町村)などによって、永代使用料(土地代)が変わってくるためです。

永代使用料(土地代)について

都市部ほど値段が高いのですが、郊外でも駅から歩ける場所や有名な寺院などでは
立地条件がよいため価格が高くなる傾向があります。

また、墓石の種類・加工・付属品によっても価格が変わる為、金額の差が大きく変わってきます。
さまざまなご相談を受け付けていますので、お気軽にご相談ください。

管理費について

墓地の種類によって管理料や護持会費などが違います。
墓地には、「民営霊園」「公営霊園」「寺院墓地」と大きく三つに分類することができます。
この墓地の種類ごとに基本的な維持費である管理料が変わってきます。